パソコン版Googleドライブのバックアップ通知を表示させない方法

新しくなったGoogleドライブの設定

WindowsのGoogleドライブのアプリが新しいパソコン版Googleドライブに変わり、パソコン版Googleドライブに更新してから、新しいUSBメモリなどを接続する都度、ファイルをGoogleドライブにアップロードする通知が表示されるようになりました。

デバイスを追加」を選択すると自動でアップロード、「後で」を選択すると自動ではアップロードしません。Googleドライブに保存したいファイルは後で自分でアップロードするという意味ですね。

メモリカードなどを接続してGoogleフォトやGoogleドライブに保存するなら通知から設定できるので便利なのでしょうけど、新しいメモリカードやUSBメモリを接続する度に表示されるのは煩わしいです。

ここではGoogleドライブに追加する通知を無効にする方法を紹介します。

『Googleドライブの「」を追加』 の通知を無効にする方法

タスクトレイに常駐している「Googleドライブ」のアイコンをクリックして、右上の歯車マークの設定メニューを表示します。設定機能は歯車マークや丸3つ「・・・」のアイコンになっていることが多いです。

歯車マークの設定メニューの「設定」を開きます。

「Googleドライブの設定」ウィンドゥが開いたら、右側の歯車マークは開きます。

下にスクロールさせて通知設定の「デバイスをバックアップするようメッセージを表示する」のチェックを外して無効化します。

「保存」や「完了」ボタンで設定終わりです。

その他の設定

マイコンピューター パソコン上のフォルダ」でPCのフォルダを追加してGoogleドライブにバックアップや同期することができます。

Googleドライブ ドライブ内のフォルダ」はGoogleドライブのデータをPCのフォルダとして使うことができます。ここに保存したファイルはGoogleドライブに保存されます。

ファイルをストリーミングする」を選択した場合はGoogleドライブのファイルを直接操作します。ファイルの保存はアップロードされ、ファイルを開くときはダウンロードされます。

ファイルをミラーリングする」を選択した場合はGoogleドライブをPCのフォルダに同期します。更新されたファイルはバックグラウンドでアップロードやダウンロードされます。

ユーザーデータの保存先は「フォルダの場所を変更」でD:ドライブ(D:\Googleドライブ\ユーザー名\)などWindowsのトラブルに影響されない場所を作成することをおすすめします。
例えば、Windowsの調子が悪くC:ドライブをバックアップから復元した場合、そこに保存されていたファイルは一緒に古い状態に巻き戻しとなってしまいます。D:ドライブに保存しておくと、C:ドライブを古い日時に戻してもD:ドライブのファイルはそのまま残ります。

Googleドライブのアカウントは、アカウントのアイコンで追加することができます。アカウントを追加するとアカウント毎にGoogleドライブがエクスプローラーのPCなどに仮想ドライブとして追加されます。アカウント毎の設定でストリーミングかミラリーリングを設定することができます。